月島 さん の おかげ。 月島さんのおかげとは(意味・元ネタ・使い方解説)マンガ

これが今回の新ルールで起きている現象なのかなって思っていました。

本作ではなかったのですが、この新ルールにおいては「全知全能」の発動条件というものがあります。

過去を挟み込めば、セックスなしに孕ませもできるんだろうか -- 名無しさん 2021-02-23 20:33:00• 月島さん自身も過去改変の影響受けるっぽいけど当人が銀城以外どうでも良いってメンタルだから耐えれる。

けど任意の置換効果の場合C地点(置換効果を発動するかしないか)っていう選択する権利がプレイヤーにある以上はC地点は絶対通過し過去にしなければいけないんですね。

では今回の新ルールで言うとどうなるか。

故に 入れ替え行為が行われない事象は、入れ替え行為が行われなければ発生しない C〜E、どの時系列 にも当てはまらないことが分かります まず月島は何と言っても、残酷で容赦しない性格であると一連の言動から理解ができます
4.月島が見せた活躍と最期がヤバかった! 結局の所裏切り者であると判明した月島ですが、本編ではどのような 活躍を見せ結果どうなったのでしょうか? 物語の序盤から終盤まで登場し、それなりの活躍を見せている月島は当初、一護の陽動として石田に重傷を負わせた張本人、あるいは一護に死神の力を取り戻すことを妨害するXCUTIONの敵でした 今までの新ルールの説明で行くと、X地点はケープを使用した時の全ての処理を終えたあとの地点でありそれが現在の事象となります
目的を達成するためには、相手の記憶を簡単に操って改変する冷酷な性質が見え隠れし、仲間だと思っていた読者を裏切ります 新ルールによってE2地点のような結果になる場合入れ替え行為そのものが行われなくなります
2であり、銀城と共謀し、彼に一護の完現術を奪わせてパワーアップさせるために暗躍 -- 名無しさん 2017-10-09 21:17:35• この展開が面白いということでインターネット上では何か良いことが起きた時に「月島さんのおかげ」と、実際には何もしていない月島さんの力によってそれが成し遂げられたというネタとして書き込むことがある
そんな一護さえ心配して様子を見に来てくれた月島さんだったが、発作の収まらない一護に左腕を切断されるなどの重症を負ったものの、すぐに駆けつけた織姫の治療を受けたため大事には至らなかった ・最後に 今回のルール改正は普通に ク〇だと思います
死神たちに追われる身となった月島は、白哉と戦い自らの記憶を彼の中に入れ込み千本桜の能力を解析 も、牙や装衣といった、状態で使えるの一部を代行を通じて現術として行使してたけど、それは代行の魂に刻まれたの経験をのに似せて発現してるだけ
自身がいかに抵抗しようにも、その記憶が自身にとっての事実として埋め込まれているのでどうすることもできません 結局は予想外の展開に翻弄されて敗北に至ったのですが、彼はどうして 能力を悪用しなかったのか疑問が残りますよね? 使い方によっては世の中で頂点に立つことができますし、人々を惑わして奴隷のように働かせることもできるでしょう
とか? -- 名無しさん 2016-10-31 13:01:12• もちろん普通の刀として「能力を使わないで」斬る事もでき、その場合は分厚いドアをサクっとバラバラにしてしまう程の切れ味を誇る 対象のみに作用する歴史(過去)改変能力、と言えばわかりやすいだろうか
その的は、を追い詰めることで彼の現術のを促し、した現術を奪うことであった 反則級の能力であり、これがあればどんな状況も応用によって一瞬で打開できるほどのもので、ユーハバッハよりも強いと話題です