東北 地震。 東日本大震災

野蒜小学校の体育館で13人が、特別養護老人ホーム「不老園」の入所者56人が亡くなるなど、野蒜地区や大曲地区が壊滅的被害を受け、約1,100人が犠牲となった。 また、仙台市で震度6強を観測したが、で震度6弱以上の揺れを観測したのはの以来6年ぶりである。 の世界シェア6割をもつ2工場、白河工場(福島県)と米沢事業所()が操業停止した。 特に岩手県・宮城県・福島県の3県では、海岸沿いの集落が軒並み水没したのをはじめ、などの平野部ではから数km内陸にわたる広範囲が水没、遡上した津波により河川沿岸ではかなり内陸まで水没した。 現在は土地部分の復旧はしているが喜連川スカイタワーなどの施設はまだ復旧のめどが立っていない。 では、特別養護老人ホーム「さんりくの園」で62人が亡くなるなどし、延べ400人以上が犠牲となった。 津波の被害としては、浸水面積327 km 2と浸水域の人口約33万人はともに3県最大だったため、宮城県のみでを上回る犠牲者を出した。
62

スリッパや靴を履いて行動すると安全です。

岩手県では岩手県や大槌町の調査により、本地震による津波の浸水範囲は、明治三陸地震による津波の浸水範囲とほぼ同程度だったことが判明している。

は3月11日、北海道および東北6県への全商品の荷受け・集荷および関東への低温宅配サービスなどの荷受けを中止した。

国内最大のタイヤ工場である白河工場(福島県)が破壊された。

防災総合センターは、津波の浸水範囲の居住者数に対する死者、行方不明者数の割合をまとめ、と比較した。

本地震の本震による揺れの特徴として、広範囲で強い揺れに見舞われたこと、揺れの継続時間が長かったこと、長周期地震動が広範囲で長時間発生したこと、短周期の揺れが主体で家屋被害は比較的起きにくかったことが挙げられる。

県北部は岩手県中南部沿岸と同様に津波高の増すリアス式海岸のため、津波常襲地域であり、津波への対策(防波堤や防潮堤)がなされていた。

23
特に日本海溝東側の海溝外縁隆起帯(アウターライズ)では本震によるの影響で、余震が発生した場合にのようにより規模が大きくなる可能性が高まったことも指摘されている 気象庁はこれが「前震だった可能性がある」としている
での煙突200 m付近で作業員9人が作業中だったが、鋼鉄製の床板とともに転落した4人が犠牲に、ではが崩落して1人が犠牲になるなどした 国内:トカラ列島で再び震度4も活発化の兆しはなし 9日 金 夜から活発になっていたトカラ列島近海の地震は13日 火 以降は急速に落ち着いてきました
3の地震の発生後で、これらのスロースリップにより、モーメントマグニチュード Mw 7. ただ、このような地震を予見しうる手掛かりはいくつかあった 1943年には少し東側の領域で、マグニチュード7. また、余震という表現では大地震は起きないという印象を与えかねず、防災意識の低下を防止するためでもあるという
前市長であった も犠牲となった 短周期の揺れが主体であったこと 地震の規模に比して長周期の揺れは小さく、短周期の揺れが主体であったため、地震による直接の家屋被害は比較的起きにくかったといえる
研究者・行政双方から、東日本では本地震による地殻変動の影響などで、被害をもたらすような地震の発生が促されているとの発表がなされており、警戒が強められている そして、現在の北海道は何が「3・11前」の東北に似ているのだろうか
地震調査委員会による毎月(および臨時)の地震活動の評価です この他に、やでも甚大な被害を受けた
また、電気通信大学名誉教授の早川正士は、アメリカ・ジム・クリークの超長波局NLK が250キロワットで送出している24. 宗教学者のは、との対談で、ある意味「精神的」である震災後の世界の中での宗教の役割を問われ、「(1995年)、東日本大震災の両方で宗教者は一生懸命やっていてもボランティアと同じレベルだった」という 2011年および2010年の丸印は遡上高、三角印は浸水高
3