たぬき の 糸車。 「たぬきの糸車」 実践記録

来る、来ないで討論する ||||. 意見「正」(テーゼ)に対する反対意見「反」(アンチテーゼ)が、対話を通して包含し、統合し、止揚し、さらに深い理解に到達する。

冬は寒い。

しかし、たぬきについても一カ所だけ書かれていることを後から指摘した子がいた。

わなになんかかかるんじゃないよ。

)」のように区 切ります。

びっくりしたけどたぬきが糸車やってたよ。

音読す るには、豊かな表象形成が土台にあります。

・たぬきのことが、かわいいと思った。

第2時 教師と子どもで一文交互読み。

民具とは、人々が日常生活に必要で作った道具のことで、地域に受け継がれてきた生活を伝える貴重な資料です。

そのほうが、カラカラ、クルクルと糸車 が回転する様子が目に浮かぶ音声表現になるでしょう。

今の子ども達は「しょうじ」という実物を知っているのでしょう か。

「大きな声 で」「ゆっくりと」です。

貸出当日に貸出申込書、返却時に利用報告書に記入が必要です。

毎晩のようにたぬきがやっtきていたずらするので、きこりはわなをしかけました。

(言葉の意味も、難しいのだが。

鍵かっこが付いていません。

「おかみさんはあっとおどろきました。

どうしたこっちゃ。

・糸車が成功したから、また来たい。

先生が糸車をまわします。

25