シャー ディス 教官。 【進撃の巨人】キース・シャーディスがボコボコにされたのはなぜ?その後は?│アニドラ何でもブログ

その頃、エルヴィンという稀有な才能が頭角を表すことで、キースは「特別な人間」は自分ではなかったことを悟ります。

なんの成果も! キースはカルラに密かに想いを寄せていた 引用元:進撃の巨人 キースは酒場の娘であるカルラに密かに想いを寄せていましたが、 グリシャがカルラとその家族を壁の中の流行り病から救ったことがきっかけで、グリシャとカルラが結婚しました。

ボコボコにされたキース・シャーディスのその後 引用元:進撃の巨人 暴行を受けたキースは牢獄に入れられていました。

ライナー• 通過儀礼を受ける訓練兵とそうでない訓練兵がいて、キースは彼らの面構えを見て必要性を判断しています。

前回の何かをエレンが思い出したので シャーディス教官に話を聞きに行きました。

それから4年後のマーレ編でも訓練教官として登場。

そういや『正』と『義』をひっくり返して読むと『ぎせい』になるんだな……(だからどうしたって話ですが) そしてみんな頭進撃。

「進撃の巨人」という作品は、初期の頃に登場しているキャラクターには重要な役割があり、伏線も初期の頃ほど重要な内容のものが多いと思われます。

部下に後任団長のがいた。

そこで巡洋船を爆破すべくマガトとキースは船の弾薬庫に乗り込みます。

結果的 にキースは運よく生き残りましたが、調査兵団団長としては何も成果・功績を残せずに現場を退いています。

(選択した道を進み続ける) 『エレンを止める』と決めた以上、『同士討ちは嫌なんでやめます』でマガトさん達だけで行かせてたら結局それ、島の外見捨てるのと同じだし……その程度の覚悟なら、いっそ何もしないほうがマシだよねってことになるし…… そして実際、マーレ組だけだと負けてた……雷槍つよい。

77

そんなキース教官ですが、彼には 多くの謎があります。

その最中で島の人と触れ合い、本音を知ることでマーレとエルディア双方の犯してきた歴史の過ちに気づき、歴史を正しく後世に伝えることが重要だと悟る。

まず先程から話に出てくる、第1話の壁外調査です。

当初はそんなに大した伏線ではないと思っていましたが、エレンの父親グリシャは第63話にてレイス家の「座標」を奪ったことが判明しており、物語の謎の中心に位置している人物です。

奇襲したシガンシナ区の戦闘で「」エレンと「王家の巨人」ジークの接触を妨げるべく奮闘するが、遂に接触を許し「」が発動してしまう。

コルトからは巨人戦力の投入を提案されるも、巨人戦力の限界を知る故にそれを却下した。

いや、今読み直すと懐かしいですね! 管理人アースは当初、キースとグリシャは繋がっており、グリシャを壁内に入れたのはキースなのではないかと考えていました。

ずぶぬれで火もないから飛行艇爆破は無理だとしても、根性で船に侵入して、船沈めようと工作してるところを誰かが発見して撃たれるとかさ……技術者さん皆殺しにするとか。

当初は塹壕で要塞接近を試みるが、コルトの報告と装甲列車砲の出現を受け、要塞接近から列車砲破壊へと作戦を変更。

15