古関 裕 而 校歌 一覧。 古関 裕 而 校歌一覧 5

加藤義彦・鈴木啓之・濱田 志編著『作曲家・渡辺岳夫の肖像』(ブルース・インターアクションズ、2010年)の「ディスコグラフィー」から。 昭和41年に、福島市の板倉神社にある阿武隈川畔に歌碑が建立されるのを記念して、古関裕而さんが作曲しました。 多くの作曲作品が紛失していますが残された曲も数多くあり、いったいどのくらいの曲を生み出したのかと思うほど。 1951年「長崎の雨」(作詞:丘灯至夫、歌:藤山一郎)• やはり球場に立ってよかった。 古関 裕而(こせき ゆうじ、 1909年〈明治42年〉8月11日 - 1989年〈平成元年〉8月18日)は、日本の作曲家。 早慶それぞれの力の入れようがうかがえます。 東北地方・・・10校• 故郷に捧げる意図で、昭和6年5月デビューレコードとしてこの曲が発売。
22
菊田氏の活動の場が、電波から舞台に変わってからの18年間、約150編の作品のなかで、今もなお続けられているこの「放浪記」。 古関と私の母校である福島商業高等学校が、平成 12年、春夏連続甲子園出場を果たし、夏の大会でこの「栄冠は君に輝く」と、昭和32年に古関によって作曲された校歌「若きこころ」を歌った時、感激のあまり胸が詰まった。 北海道・・・7校• 1950年 NHK「今週の明星」テーマ曲(作詞:藤浦洸さん)• 福島音頭 作詞:野村俊夫(昭和29年) ラジオ福島・福島民報社が制定した新民謡。 ライバル同士の作曲に同じ作曲者を双方が選ぶというのは、 古関メロディがそれだけ応援歌として優れているという事実なのでしょうね。 ジャケットより) 「スポーツ・ショー行進曲」 この曲は太平洋戦争が終わった後、NHKのスポーツ放送のテーマ音楽として作曲依頼されたものである。 その他・・・ 別れのワルツ スコットランド民謡(昭和24年) スコットランド民謡 「Auld Lang Syne」(オールド・ラング・サイン。 前作に続き、脚本を菊田一夫さん、音楽を古関裕而さんが担当しました。 戦争が終わって中断していた東京六大学の野球リーグ戦が復活した昭和 21年、慶応の応援団員が古関家を訪問し、「ぜひ応援歌を作ってほしい」と頼み込んできたという。
57