退職 証明 書。 退職証明書は自分で作成できる?書式ルールや記入例を紹介|ホテル・宿泊業界情報コラム|おもてなしHR

事業における地位 退職者の役職を記載します。 業務の種類が多岐にわたる場合、どこまで記載してくれるかは企業の判断によります。 退職証明書は労働基準法第22条によって会社に発行義務がある文書なのに対し、在職証明書は発行義務がなく、在籍しているもしくは在籍していたことを証明するためのものとなります。 退職をした労働者から、 退職証明書を出すよう求められたときは、退職証明書の会社側(企業側)にとっての意味を理解し、それに沿う形で、記載、提出する必要があります。 労働基準法(労基法)に定められた事項であっても、労働者が記載を求めない事項は、退職証明書に記載できません。 退職証明書を欲しいと言われた場合は発行する義務が発生します。 退職証明書を出すよう求められたら、まずは、 法定記載事項を示し、どのような記載事項を求めるか、労働者に聞きましょう。 ほとんどの会社は速やかに手続きを進めるので、このようなことはめったに起こりませんが、もしも「うちの会社は危ないかもしれない」と思った場合は、念のため在職中に退職証明書をもらっておいた方が無難でしょう。 定年、労働契約期間満了等による• 問題社員対応は、弁護士にお任せください いかがだったでしょうか? 今回は、 「退職した社員から、 退職証明書を求められた」という、会社側(企業側)から弁護士に対してよくある法律相談に対して、対応方法と注意点を解説しました。

解雇・退職強要など、雇用契約の終了に異議があり、争いたいため 労基法に基づいた請求であることから、拒否をすることはできないものの、 適切な記載をした 退職証明書を渡すことは、 会社側(企業側)にとってもメリットがあります。

ただし、退職証明書の発行義務は退職から2年間であるため、発行申請ができる2年を過ぎてしまった場合には、企業側が交付を拒否することも可能です。

また、退職者の再就職のための重要な資料となりますので、くれぐれも間違いのないよう記載する必要があります。

退職証明書に記載すべき項目についてご紹介しましょう。

(労働基準法第22条第1項) ここでの「退職」とは自己都合による退職、解雇、その他全ての退職が含まれるため、その理由にかかわらず、退職証明書を発行する義務があります。

面接で話したことを信じていないのか?と嫌な気持ちになるかもしれませんが、そういう求めがあれば応じざるを得ません。

インタビューコラム /企業の事例や人事キーパーソンのインタビューからHRの最前線を学ぶ• 裁判所が 「解雇の有効性」を判断するとき、 退職証明書に書かれた解雇理由にもとづいて判断が下されます。

退職後2年間は交付義務があるため、退職者から作成を依頼された場合には、退職証明書を交付する必要があります。

離職票を発行しないことは違法のため、発行されないことはありませんが、遅れる場合はあります。

なお、離職理由を証明するための添付資料も必要となるので、後でトラブルにならないように、退職者と確認しながら正確な情報を得ることに努めましょう。

20 35