神道 葬式。 【神道式の葬儀】神式のお葬式の流れやマナーは?|葬儀の知識|葬儀・お葬式なら【公益社】

通夜と遷霊祭• 忌み言葉 神道に限ったことではありませんが、忌み言葉は良くない連想をもたらすことから「使うことを避けたい言葉」とされています。
ただ現在は、親族でも遠方に住んでいる人が多く、10日ごとに集まるのはかなり大変なものです 神道では死は穢れ(けがれ)であるとされていて、神社のような神の聖域に穢れを持ち込むことはよくないとされているためです
キリスト教のイエス、イスラム教のムハンマド、仏教の釈迦のような教祖や開祖が神道にはいませんし、『聖書』や『コーラン』『法華経』などの経典もありません 神社に不幸があったわけではないので、薄墨では書きません
・ ・ ・ 神道のお葬式の費用相場 続いて、神道のお葬式にかかる費用の相場についてお伝えしていきます 七五三や結婚式など、お祝い事ではおなじみの神式ですが、お葬式も執り行うことができます
焼香ではなく玉串奉奠 神道のお葬式では、お線香を用いません 御霊は、五十日祭のお払いのあと御霊舎に移されます
通夜に参加する男性ならばダークスーツ、女性ならば地味な色のスーツを用いるのが望ましいと言えます
故人の葬儀が神式で行われると聞いたのですが… 式年祭のながれとしては、「清祓いの儀」「祝詞奏上」仏教の焼香にあたる「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」、最後に「直会(なおらい)(会食)」となります
葬儀のしきたりなどで、お茶碗にお箸を立てたり、屏風を逆さまにしたり、故人の布団を上下逆に掛けるなどの光景が見られますが、これらはいずれも現在非日常の世界にあることを表しています 白木で作られているケースが多く見られ、祖霊舎(それいしゃ)に置かれます
参列を予定している葬儀の宗派を確認して、適切な作法で玉串奉奠を行ってください 「三種の神器(さんしゅのじんぎ)」もまた、神式の葬式に用いられるものです
14

間違われがちなのですが、ハスの花の入ったものは利用しません。

但し、葬儀など弔事の柏手は両手を打つ直前で止めるようにし、音を立てないようにくれぐれも注意しましょう。

亡くなった祖先を神として祀り、故人はその家の守護神になると言われています。

式年祭については後述しますが、最近は省略されることも多くなりました。

これについても見ていきましょう。

よく耳にする「お布施」や「お香典」という言葉は、仏教のお葬式で用いられる言葉になります。

32