国民 年金 追 納。 年金の追納~年金保険料を追納すると受給額が増える仕組みを解説~

一方、申請をして猶予・免除を受けた場合は、その期間を受給資格期間に算入することができますし、10年以内なら追納をすることも可能です。

この免除期間中の保険料は納付したものとして取り扱われるため、追納は不要です。

上の記事にも書いてるけど、• 6 前項の届出は、厚生労働省令で定める場合を除き、厚生年金保険法第2条の5第1項第1号に規定する第1号厚生年金被保険者 (以下 「第1号厚生年金被保険者」という。

そのため、追納で節税のメリットを得るには社会人2年目以降がベストなタイミングで、加算による差額が少ないうちに追納しましょう。

2番について簡単に解説すると、65歳からの老齢基礎年金は、国民年金への加入期間が10年間(平成29年8月1日から25年から10年に短縮)の納付期間がないと受給資格が発生せず、老齢基礎年金が0円になります。

保険料の一部のみの追納もできます。

年金額に反映させるために、免除期間や猶予期間がある人は追納制度を利用できます。

)と他の障害とを併合して障害等級に該当する程度の障害の状態に該当するに至つたとき (基準傷病の初診日が、基準傷病以外の傷病 (基準傷病以外の傷病が二以上ある場合は、基準傷病以外のすべての傷病)の初診日以降であるときに限る。

条件は以下のように設定します。

14