外壁 塗装 保証 期間。 外壁塗装は必ず保証の確認を!一般的な保証の内容や注意事項を解説!

また、口約束で行うのではなく必ず「保証書」を契約前に発行してもらうようにすれば尚良いです。 「施工後に外壁がはげた」「外壁塗装で自宅が傷んだ」などの理由のものは、保証の対象となります。 次のような場合の不具合は、保証の対象外となります。 多くは5年程度しかありません。 一部塗装店様や工務店様との連名にて保証をお出しするケースもございますが、そちらに関しても年数や保証内容が異なりますので、ご案内致しかねます。 外壁塗装を選ぶ際に、価格や技術、口コミや地元企業かなどで選ぶことも重要ですが、 塗装後の保証も重要です。 外壁と屋根で保証期間が異なるのは当然ながら、 基本的には、耐用年数と同程度の年月が保証期間となることが多いです。 不可抗力:不注意から傷をつけてしまった場合など これらの不具合については、 基本的に「 保証対象外」となるでしょう。 もちろん、保証以外のことでも、塗装についてのことであれば何でもお聞きください。
49

不具合の原因が工事ミスなわけですから、当たり前ですよね。

もし、わからないところなどがあった場合は、業者に確認して疑問点や不安点を解消するようにしましょう。

塗料にはメーカーの度重なるテストの結果、耐用年数というものが決められており、 最高級塗料の製品保証もせいぜい10年程度です。

倒産している場合は金額の一部を客側が支払う必要があるので注意しましょう。

塗装技術に自信がなかったり、とにかく稼ぐことにしか興味がなかったりする業者は、塗装が終わった後のことまでお客様と関わろうとしません。

詳しくはをご覧ください。

そんな場合に備えて、業界団体の保証に加入しているかどうかを確認しましょう。

保証期間は、せいぜい1年から長くても5年。

その他外壁塗装に関連する記事• 外壁塗装の費用と相場• ・施主の指示に起因する場合• そのため、 木部や鉄部まで保証対象をカバーしてくれている保証を狙いましょう! 「塗装の状態」に関しては 「塗装の剥がれのみ」に限定されるケースがほとんど。

さらに施工段階では予測できなかった技術的な問題による異常が発生しても、それは保証されません。

47