フラット ヘッド 閉店。 アメカジ「フラットヘッド」が民事再生法申請 負債額は親会社と合わせて16億円強

豊かになった現代には必要のない機能も、当時のアメリカンスピリッツを感じさせる素晴らしいパーツとして多くのジーンズデザイナーにリスペクトされています。 F1層をターゲットにした「名古屋発」ブランド「M. そんな労働者の作業服だったジーンズは「機能性」「丈夫さ」だけでなく「穿きやすさ」や「動きやすさ」までのが緻密に計算させています。 また、手掛ける衣類は全て国内生産で、「メイド・イン・ジャパン」にこだわった高品質の衣類を提供しているたとえば、 Tシャツは20番糸による3本針縫製を採用しており、極めて強度が高く、長期に渡って使用しても首回りがヨレヨレになることもなく、経年変化を楽しみながらも、安心して利用することができる。 ロットナンバーの末尾に「 C 」が付くと加工モデルとなる。 さすがに20年も履いていたらダメージも増えていきますね。 「デザートヒルズマーケット」や「THE FLAD HEAD」を手掛ける「株式会社グローバルユニット」が民事再生法の適用を申請したことを明らかにしました。 しかし、競争激化などにより業績が低迷。 5oz デニム。 シルエットはもちろんですが、アイテムの配置やセレクトも日本人好みであるのが特徴的です。
17

フラットヘッドは潰れた?閉店の噂について この情報に調べてみると、フラットヘッドは2019年8月28日に民事再生法の適用を申請したようです。

フラットヘッドのジーンズは独自の染色方法のため、エイジング変化が非常に独特です。

令和元年8月28日、グループ会社2社を含め約16億8900万円負債を負いへを申請した。

【 配送に関するお知らせ 】 年末年始は、物量の増加や交通事情の悪化により、 お届け予定日時やご希望日時通りにお届けできない場合がございます。

1017 - 16oz デニム。

脚のラインが綺麗に見える細身のテーパードシルエット。