カメラ ストラップ 作り方。 【ハンドメイド】カメラケースを自作。ラップタイプなら簡単に作れる!作り方のご紹介。

三つ編みをして適当な長さまで編んだら留め金に通し、余った紐をワイヤーで巻き付けて固定するだけ。

梅つま子です。 最終的ににはコミコミ1000円台で出来ました 【材料】 1 ロープ これはお好きなものを。 留め具がカメラにくっつく程度までしっかりとストラップを通してください。 3 ロープ先端金具 これも同じくパワーコメリで買いました。 とても軽く柔軟性があるので、旅行中も快適に使えるそうです。 05 ;border-color:rgba 1,196,144,. カシメは、ダイソーでも100円で、12mmのものが15組で売られるなど、100均でもたくさん手に入ります。 via: こだわり派には、カメラまでデコるこんな方法も! スカーフの柄とのコンビネーションで、遊び心を演出してみませんか? スカーフの取り付け方は、先ほどと同じくリングにスカーフを通して折り返し、糸でしっかりと固定するもの。 Tシャツの胴回りを好みの幅にカットして1本の糸状にし、両端を引っ張ってしごいた編み糸(Tシャツヤーン)を用意します。
はい、これが不肖ガンダーラ自作のクライミングロープを転用したストラップのディテールです。 丸カンを上に引き上げて完成。 私は数年前から量販店でも見かけるようになった クライミングロープを使ったカメラストラップが気になっていましたが、なかなか気にいる柄を見つけても、高価なものばかりで、二の足を踏んでいました。 前回のカメラで使用していたカメラケースは、購入したものなのですが、 この数年の間に、ハンドメイドも少し経験を積んだことだし、 今回のカメラケースは、自分で作ろうともくろんでおりました。 4 熱収縮チューブを2個通しておく。 [4]. 返し口のところは、こんな風に仮どめクリップで留めておきます。
85
初めて作ったけど、それほど時間もかからずに出来上がりました。 本格的なデジタルカメラには、大きく分けて一眼レフタイプとミラーレスタイプの2種類があります。 いろんな色があるみたいです。 DIYする場合は丈夫な素材を使い、確実にカメラに取り付けるようにしましょう。 革ベルトで作るショルダーストラップの作り方• なので、このストラップを取り外します。 [29]• 材料はこれだけ 左/GM CLIMBING 24kN ダブルブライド 10mm アクセサリーコード 6M 2,090円(税込) 左中/TISUR Ti チタン キーホルダー リング 14mm 1,355円(税込) 右中/熱収縮チューブ 30mm 648円(税込) 右/コニシ ボンド アロンアルフア プロ用耐衝撃 20g 736円(税込) 今回、メインの材料となるロープは、 実際にクライミングには使えないアクセサリーコードを使用します。
69