半襟 の 付け方。 日本一やさしい、男の半衿の付け方

半衿を貼り付けるとこんな感じです。

コツは着物の外側から見えないように固定することです。

端から端まで縫います。

左側も同じようにします。

長襦袢の衿を覆うように半襟を折って、まち針で留め、左手で長襦袢の衿を持ちながら、右端からまつり縫いをして下さい。

この場合は、半衿と長襦袢の衿のそれぞれの折山から0. ステップ1 半衿全体をアイロン掛け アイロン掛けは、絹の場合は中温で裏から。

こうして3~4回つかったら捨ててしまいます。

背中心から半径15cmあたりは着たときにカーブしてシワになりやすい部分ですので、外側に引っ張りながら貼っていきましょう。

上手になるには、回数を体験するしかありません。

そして芯を覆うように衿を縫いとめます。

半衿って大事なんです 半衿ってスーツでいうネクタイみたいなもので、顔のすぐそばにあるアクセントなんです。

縫い始めは、必ず半返し縫いにします。 まずは、やってみましょう! 半衿、針 縫い針・まち針 、絹糸、糸切り挟み、襟芯、そして長襦袢が、最低限度必要なものです。 余った部分はテープを2か所くらい追加して貼ってください。 もし剥がれずにそのまま洗濯にかけてしまうと、汚れになってしまいます。 (引っ張った衿が戻らないために)• 長じゅばんの衿を向こう側にします。
65
縫い終わったら裏の方を縫います。 半衿に折り目をつけていたので、きれいにピタッと貼れました。 くけ縫いとは、一針すくって、その針目を返して一針進む縫い方です。 美しい半衿つけとなりますとなかなか思うように進められません。 襟肩あきの部分だけは、1cmくらいにします。 私も今年初めて夏用のきらっくに挑戦してみました。 追記:書き忘れてました 長襦袢の襟に、私はあらあじめ薄~い白半襟を縫い付けてます。
39