お 身体 に 気 を つけ て 敬語。 目上の人に「お気をつけて」は失礼に当たる?正しい使い方をしよう!

少なくとも、メールなどで「頑張ってください」を使う相手は、いくらか距離の遠すぎない関係にいる人としておきましょう。

一般的には常用漢字である「お体」を使うことが多いので、どちらか迷ったら「お体」を使うのがおすすめです。

これが「お体お気をつけください」となると、病気や健康に気をつけるとともに、体を元気にしてくださいね。

」と表現すれば失礼に当たることはないでしょう。

この「お体」と「気をつけて」を合わせることによって、「お体に気をつけて」という言葉になります。

また、「くれぐれも」「十分に」をつける事でより丁寧な文章になります。

「お体に気をつけて」は相手の体調を気遣う言葉ですので、どちらの漢字を使っても意味は同じなります。

病院などで言われる『お大事に』という言葉は、お大事になさってくださいを省略したものです。

「健康に気を配りながらこれからも頑張って」というように、相手の体を気づかいながら、将来に向けてのエールを送るニュアンスも含められます。

上司や先輩などのめ上の人に対し、頑張ってほしい旨を伝える言葉の尊敬語というのは存在しません。

12
ビジネスシーンにおいても、相手の体や体調を気遣う意味を込めて挨拶などの中で使います 「頑張ってください」と意味を同じくした言葉について見てみましょう
お体に気をつけてお過ごしくださいね• 何卒お体にお気をつけください 口頭で使える「お体に気をつけて」の例文 口頭で使う場合は、言い方に気をつけて熱意を込めてストレートに表現すると、目上の人にも使える文章になります メールでの例文 お気をつけてを含むあらゆるシーンでのメールの文面について紹介します
退職や転職する方へ お体に気をつけては、退職・転職により今の場所から離れる相手に対し、お別れの言葉としても使えます 目上の人に「お体に気をつけて」を使用していいのか 基本的には使用しても問題ないですが相手の受け取りによっては勘違いをされてしまう可能性もあります
新年早々の挨拶の季節は冬で、まだまだ寒さも残ります また、それぞれの季節の挨拶の手紙なのかそうでないのかでも「お体に気をつけて」の文章が変わってきます
さて、ここで問題になっているのは、それ以外の「お忙しい」「お身体」「お過ごし」の「お」ですね 目上の人には使用しないよう注意しましょう
「お大事に」の後には言葉が省略されています ・季節の変わり目ゆえ、くれぐれもご自愛ください
いつも親切にしていただき、ありがとうございます お体に気をつけての意味 日本語には、相手の体調や健康を気づかう表現が数多くあります
オーソドックスな表現 いつでも使用できるオーソドックスな表現としては「お気をつけください」という表現がもっとも普通で当たり障りのない表現でしょう 英語でも日本語同様に、相手の立場によって言葉を選ぶことがありますので、その言葉を送る相手がどんな方かによって間違った表現をしないように気をつけましょう
32