クラウン キリー。 クラウンキリー(エピプラティスアニュレイタス) オス・メスの見分け方 飼育方法|アクシズ(アクアリウムを静かにやりたいの)

産卵はメダカに近いものがあって、水草の茂みなどにペアで卵を産み付けて行きます。

クラウンキリーの繁殖方法 卵を産むまでの飼育方法 繁殖も比較的容易な部類で、10匹ぐらい入れば30cm水槽でも繁殖可能です これから楽しみですね
クラウンキリーの飼育は簡単? クラウンキリーは、餌に対して警戒心も薄いため人工飼料もよく食べてくれますが、水温や水質の管理が必要なため、初心者の方には少し飼育が難しい魚かもしれません クラウンキリーの繁殖に向いている水草として、ウィローモスやリシアなどの水草をオススメします
エサはメダカの稚魚用フードや、活きミジンコがおすすめです 大きさもメダカと同サイズぐらいのなので、混泳も容易です
寿命の長さ クラウンキリーの寿命は平均して1年です 先述した通り今のエサは「 デルフレッシュフード」に落ち着きましたが、フレークフードである「テトラフィン」や「キョーリン ネオブロス」、顆粒の「キョーリン メガバイト」など試しましたが食わず・・・
餌はフレークタイプで最初は少ないながらも食べていました このため、換水はマメに行い、水槽水のpHが下がらないように飼育するのがバンブルビーゴビーとテトラなどを長期間混泳させるコツです
また「クラウンキリー」は、別名として「ロケットフィッシュ」という名も持っています 中々うまくいかなかったのでいきつけの何件かのショップにフレークフードを吐くと相談したら、 どの店員さんでもフレークはまず食べないと言っておられたのでエサの試行錯誤が始まりました
クラウンキリーのような小さい魚であっても、ほとんどの魚には稚エビが食べられる危険はあります 0を保つ事が必要になります
クラウンキリーは、リベリア、ギニア原産の卵生メダカの一種であり、餌にはあまりこだわりがなく小さくしたものなら人工飼料も良く食べます 一晩で乾きますが、さらに念のためのアク抜きで一晩水に浸けてから使います
クラウンキリーと混泳させるのにオススメの品種としては、ネオンテトラなどのカラシン系やアカヒレなど小型の魚になります 孵化する稚魚は非常に小さいので、産卵ケースなどでは目をすり抜けてしまいますし、最近売られているサテライトなどだと、稚魚が吸い込まれる危険もあります(孵化して泳ぎ出せば心配は減るのでサテライトは使えると思います)

クラウンキリーは食が細いと感じるので、また、性格的におとなしい感じもします。

地味めなメス ただショップで入荷するものはこれからオスが鮮やかになり始める小さな個体(1cmほど)が多く、 本種のド派手さを楽しむなら育て上げることが必須になります。

体の大きさ クラウンキリーの大きさは3cmほどの小型の熱帯魚です。

そんなところも雌雄の判別対照になります。

今は、繁殖していないのですけどもね。

ただ、メダカと違い卵を底にバラまくように産むので卵の回収は難しいです。

73
低温に弱いので冬はが必要になります。 短命なので、長期間飼育したい時は難易度が高いですが繁殖に挑戦する必要があります。 メスは尾びれが円形で各ヒレは透明になります。 クラウンキリーとテトラは、両社とも中上層魚と生活圏が重なるため、数の多いほうが水槽では優勢になります。 クラウンキリーを飼う際の注意点 クラウンキリーは、飼育しやすい点や混泳がしやすい点などからオススメの品種になります。 混泳せずにクラウンキリーのみを飼育した方が繁殖しやすいので、単独飼育がおすすめです。 寿命は2年から3年で、個体差はありますが体長は3cmから4cm程度と小型です。 これで孵化したら、先を太めに切り取ったスポイトや細いホースで稚魚を吸い出し、隔離するプラケースに移します。 体がとても小さいため、小型水槽で飼育を楽しむことができます。 繁殖時期が近づくと、オス同士が縄張り争いで喧嘩することが増えるので、隠れ家になる浮き草をいれてあげてください。