池澤 夏樹。 開拓の歴史を今に伝える、長編小説『静かな大地』の舞台となる日高エリアへ|北海道観光公式サイト GoodDay北海道

まもなく完結の見込み。

人間は愚行をおこなう反面、その愚かさに気付き、反省をもとに、それを改めていこうとするのも事実です。

ここは1669年、アイヌ民族の首長シャクシャインが最後の砦とした地でもあります。

第86回 該当作品なし• 『ワカタケル』(、2020) 随筆・評論など [ ]• 来歴 [ ] 出身。

石牟礼さんもあの技術、様々な文体を駆使して構築した作品群は確かにそうです。

旅することって水平方向に移動することだと思っていたのが、垂直方向に高さの面でも旅ができるんだ、宇宙に段々近づいていくような、そういう旅もできるんだって思えたのが、20歳の登山でした。

池澤夏樹の寄稿は、理系的な論理性と詩人の感性を織り交ぜて、特有な味を発揮しています。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

57

『みっちんの声』共著 河出書房新社 2021 編著 [ ]• 凝った修飾で微妙な空気を描くみたいなことを全然考えていない。

人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まで旅しながら作品発表。

最初は、孤独に生き抜く中で浮かんでくる、このような思考が語られます。

『静かな大地』(、2004)のち文庫• 十一月からほぼ毎月刊行ということですが、まず、なぜ今それを手がけようと思われたのでしょうか。

第86回 該当作品なし• しかし、そのときにはぼくはやる気はなかったんです。

いつも「文学と科学」「専門家と一般人」との間をペンの力で橋渡ししている池澤さんの科学エッセイですが、今回の本を手掛けたきっかけを教えてください。

95