移動 ポケット 作り方 ティッシュ。 移動ポケットの作り方!ティッシュ入れあり・なし2通りを伝授

縫しろを割ってアイロンをかけておくと綺麗に仕上がります。 この時点で長さは 15 になります。 両方の布端に1センチの縫い代をプラスしているので88㎝分の布を用意してくださいね。 STEP(1)布を裁断する 先ほどの寸法に合わせて布を裁断しましょう。 ティッシュを取り出す部分になります。 返し口を8cmほど残して、入れ口をぐるっと縫う。
31
) STEP(2)小さい布を縫う まず、4cm幅の布を半分に折り、一度開いたら、内側の線に合わせるよう中折りしていきます。 活発な小学生が毎日使用する移動ポケットなので生地が薄いと破れてしまったり、破損の原因になります。 夏は虫刺され対策でポケットサイズのかゆみ止め薬等を入れてもいいです。 6ひっくり返して角を出していく。 STEP(9)クリップをつける 裏面のリボンにクリップをつけたら 完成です。 飾りボタン• 作り方は下記の動画を参考にしてください。 学校だけではなく、普段使いする子供もいますので、気になる時は、よく着ている服のテイストに合わせたり、デザインや生地をシンプルなものにしたり、邪魔にならないものを選ぶようにしましょう。 アイロンが面倒な場合は縫しろを割る為のローラー等が販売されていますので利用してみてください。 入園入学グッズに移動ポケットが必須な場合も型紙なしでもすぐ作れます 今回は移動ポケットの作り方でした。
ハンドメイド初心者におすすめなのが、上下の方向の決まっていない総柄の生地です。 文章で説明するのがちょっと難しいのですが、頑張ってみます! リボンを付ける工程についてですが、5のマジックテープを縫い付けた後に蓋にリボンを重ねて、6の工程に移ると一緒に蓋の端に縫い込まれます。 重ねた部分は下になるように縫いましょう。 上のイラストの様に折れたら、両端を待ち針で止めます。 よく着ている服に合う柄をチョイスする 低学年のうちは大好きなキャラクターのものでも可愛いですが、大きくなるとその服にそれを合わせるの?という場面が度々起こります。 3. レースとかタグを付ける場合はこの時点で。 フタの生地は表と裏の分で 2枚裁断します。 折りたたむ前に取り付けてもかまいませんが、万が一ずれて合わない場合があると心配なので、私は位置を確認してから縫いつけています。
31