越 辺川。 越辺川

(稲核ダムにて灌漑・発電共用取水)• 「霧立越」や「向霧立越」を使い、生活物資の運搬を請け負っていたのが駄賃付(だちんづけ)と呼ばれる山の運送業者である。

(荒川支流) 一級河川• 浅貝川• 和泉川• 木倉川• 木倉川• 現地は東京からも近く、練馬ICから関越道、圏央道経由で約40km、わすが40分ほどで到着します。

西ノ谷川• 今回紹介いたしますのは川島町の白鳥飛来地、越辺川の河原です。

急滝川• 嘉例川• 私が現地で観察したのは9時30分から10時30分の1時間ほどでしたが、白鳥のショーを充分満喫できました。

中川 二級河川• 河原に降りて川に沿って左手に歩いて行くと、カメラを構えた人たちが大勢見えてきます。

今は、過疎化と少子高齢化で、そんなネットワークが失われて久しい。

高谷川• 二級河川• 河内川• 西俣谷• 秋から冬にかけて、モクズガニは産卵のために海まで下るが、その時期を狙って、川を仕切った籠漁や魚の頭などを入れた籠を仕掛ける。

中原川 和歌山県 [ ]• 小長沢川• 二級河川• 宗次郎谷水流• 古代朝鮮語では「おっぺ」は「布」を意味したという。

梅園橋• 宇田川• 和田川• 一級河川• 塩や食料品、日用品だけでなく、古着を仕入れることもあった。

29 69
中ヶ谷戸川• モクズガニは藻類を主なエサとしているが、カワニナやミミズ、小魚などの動物性のエサを食べることもある 中央橋• 女房は、古着をもらったお礼にと、男たちが獲った大きな鮠(はや)を20尾ほど清一少年の魚籠に押し込んでくれた
太郎川• 入内川• (暗渠 九十九折の観音堂は、平成6年に地域公民館に建て替えられたが、それまでは板張り・縦3間半・横3間ほどの小さなお堂だった
支流 [ ] 梅園橋付近 上流より記載• 間近で白鳥たちの様子を観察できます 田代脩一・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(県史11)、山川出版社、1999年
(北秋川より上流の秋川は「南秋川」の名称に変わる)• 「こぶりが瀬」は、清一少年が箕作り集団を再び見た場所である 山王川• 数年前までは川底から湧水が湧き出ていたが、今は洗い場にパイプが設けられていた
越辺大橋 - (埼玉県道30号飯能寄居線)• 二級河川• 五家荘(八代市泉町)から峠を越えて氷川流域へと運ばれた山の産物は、下流の宮原(氷川町)だけでなく、砂川下流の小川(宇城市小川町)にもかなりの部分が向かったという 谷の両側は切り立った岩壁となり、両岸から杉木立や竹林が迫る
坪沼川• (真川とも呼ばれる) 一級河川• 山口川• 以下、ホームページ上に記載されている観察時の注意点です 地元では、「山太郎」を正月用に保存して食べることがあるというが、そんな習慣も年々失われようとしている
田代脩一・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(県史11)、山川出版社、1999年 準用河川• 下岳を流れる氷川 新道峠によって小川と下岳が結ばれたのは、建武年間(1334)以前とされる
平新川• 大阪府 [ ]• もとは荒川) 一級河川• みやした橋• 末沢川• (桂川)• 清一少年は浜町から2キロほど離れた笹原川の「こぶりが瀬」に魚釣りに出かけ、赤い帯をした箕作りの女の子と再会する 兵衛川• 一級河川• 美生から深水まで、峠越えで1時間半ほど
滝倉谷水流• 「水から炊かないと甲羅や足が外れてしまい、食べにくくなる 二級河川• 昔に比べると数も減った」という
5