紅白 司会。 歴代司会者

NHKホールでの観覧(3,000人)は官製往復のみで応募が受け付けられる 「蛍の光」の演奏は、1980年代までは回によって2番まで歌ったり(特に1980年代までの回)、1番を2回繰り返したりした年(第36回(1985年) - 第38回(1987年))もあれば、一度大エンディング生演奏で締めた後、放送に入らない部分も含めてアップテンポの曲調でもう一度演奏を行った回(第33回(1982年)・第40回(1989年)・第44回(1993年)・第50回(1999年)終了後の「カウントダウンスペシャル」など)もある
ハリウッド [5月26日 8:08]• また、大晦日の祝祭ということで、民放の現職アナウンサーのNHK出演も特例で実現している ()・() 基本の審査方法はこれまでと同じだが、最終審査のみの得票数で競うかたちを採用
高精彩を生かしてより現地で見ている紅白に近い体験をコンセプトに、同じステージを別々に制作・中継する または年末年始は仕事をしないというコンセプトから、30年以上出場していない
第61回(2010年)からは、『紅白ウラトーク』が開始 ,,2014年12月20日• リハーサルはその後、放送時間の大型化などの関係でほとんどをNHKホールで行うようになった
大物歌手がコンサート会場から中継出演 するほか、NHK側がステージ(あるいは中継会場)を用意するケース もあり、特に後者は大々的な演出が行われるようになる 「上記のいずれかにあてはまる()」 上記はいずれも口座からの引き落としでも可能
37 70