怨み 屋 本舗。 怨み屋本舗

怨み屋を「お嬢様」と呼ぶ。
私生活や外見とは裏腹に優秀で、柔道にも長けている実力者 父から武道を習っていたため、大の大人を複数人相手でも圧勝できるほど高い戦闘力を持つ
手塚を殺した生徒たちの中に実際にイジメ部をマスコミに密告した男子生徒3人がいる 娘の死のショックで映子は長谷矢への怨みで発狂してしまう
TV版では『スペシャルI』以降も生存している 里奈の義父だが、妻(里奈の母親)の目を盗んで里奈に性的暴行を行っている
最終決戦では、鎧塚に捨てられる形で由解の部下100人を相手に置き去りにされる 稔の逮捕は同僚の泉田 の仕業と思い込み、泉田を殺害した直後、映子にアイスピックで滅多刺しにされ助けを求めながら無残に殺害された
指をしゃぶる癖があり、十二月田が即効性の下剤をしみこませた手袋で握手した後に指をしゃぶったため、下痢になった(武藤の依頼) また、イジメ部3人の末路の設定も原作では3人の悪事や個人情報をビラやネットにばらまき、十二月田の策で住民から火炎瓶を投げられ大火傷を負っているが、ドラマでは奴隷商売人に奴隷として売り飛ばされるという形で社会的抹殺された
闇の復讐サイトオーナーである火川海拓を追い詰めた 基本的に家族の事には無関心で自身の仕事の事ばかりを気にしており、遺産相続の際に自分に分前がないと知るや激昂したり、遺産を手に入れるべく姉夫妻と共謀してタエの殺害を怨み屋に依頼しようとする等、由紀やタカヒコに劣らぬ独善ぶりや、酷薄さを兼ね揃えている

第4部にも登場しており、中国の結婚詐欺の手口を後に怨み屋の標的となる男に伝授するなど謎が多い。

依頼遂行後に青山が幼少期に容姿を理由に劣悪な仕打ちを受けていた事を知ると、一時は殺害したい程に憎んでいた筈の彼女に同情の念を抱き、社会的抹殺を依頼したことを後悔する素振りさえも見せた。

当時彼も家を留守にした為命を免れた。

登場人物 [ ] 登場人物の設定については、怨み屋の本名や過去が明かされず、先代や支店の存在にも言及されていなかったり、シュウや里奈の初登場が原作よりも早いなど、原作と異なる部分が多々ある。

脚本:• 情報屋(2代目) 演: (REBOOT) 初代から仕事を引き継いだ新たな情報屋。

48
12年前、世界放浪の旅から帰国した時には家族全員が亡くなっており、行き場をなくしたところを荒川区の大衆食堂の主人である峰島に救われ、住み込みで働いていた。 その後の消息は不明だが、怨み屋の発言によると3人共既にどこかで奴隷にされた模様。 その後、怨み屋達の様々な策略に翻弄され、最後は久我山を生放送中に殺害してしまい逮捕される。 22歳。 なお、登場人物などの設定は原作と一部異なる。
67