阪急 神戸 線 事故。 【人身事故】阪急神戸線「春日野道駅」で人身事故・運転見合わせ|現場はどこ?運転再開はいつ?動画・画像・写真まとめ(2月13日)

後に駅長、貨物列車の運転士、構内掛が業務上過失傷害の疑いで逮捕 約200人を乗せた救援列車が翌日未明に西方の錦多峰川鉄橋に差し掛かったところ、そちらでも橋脚が崩壊したが、こちらは軽傷者2人で済んだ
こだま207号は事故現場から1 km以上も走って停車したため犠牲者の遺体は事故現場から延々と1 km以上にわたり線路に散乱していたという 特急電車は8両編成
事故は昨年11月23日午後…. 神戸市灘区の阪急電鉄神戸線六甲-御影間の高羽踏切で2020年11月23日夜、新開地発大阪梅田行きの特急電車(8両編成)が軽自動車と衝突し、先頭車両が脱線した事故で、過失往来危険容疑で書類送検された配送会社従業員の男性(42)について、神戸区検が3月24日に略式起訴し、神戸簡裁が罰金30万円の略式命令を出した 入換監視中の当務駅長は、貨車2両が51号転轍機付近を転動中であることに気づき追走したが、これに及ばず、貨車が本線に逸走したため、駅本屋に戻り、多良木駅に通報し、逸走した貨物2両の停止手配方を依頼した
急行列車の機関士がからし居眠り運転、惰性走行中に上り勾配に差し掛かったため、自然停車して後退したもの 捜査関係者への取材でわかった
車両故障や電気設備の故障といった部内原因は6%しかない 列車は大里駅のホームに接触しながら1両目が一回転して線路脇の田に転落、2 - 4両目も脱線した
また大師線が日ごろから新任運転士の、いわば実習線とされていたことも報道された 係員の取り扱いミスや車両・電気設備の故障といった部内原因は23%という結果となった
大阪市電・タンクローリー衝突事故 [ ] (昭和41年) 夕方 が 津守町東6丁目を乗客約70名を乗せて走行中、センターラインを越えて対向して来たタンクローリー車と衝突 男性は「当時は車から離れていた
スハフ32 257:でスハ32 266と同様の工事を施工しオハフ33 627に改番 貨車の入れ替え作業は、電車が行き交うダイヤの隙間を使って行われていたが、時間にして5-6分しか余裕がなく最初から無理な作業であった
車は無人のまま発進し、踏切内に進入したが、男性は「当時は車から離れていた。 京阪電鉄蒲生信号所列車衝突事故 [ ] 1966年(昭和41年) 大阪市城東区の(現在は廃止)構内のの緩行線(B線、外側線)と急行線(A線、内側線)との合流ポイント付近で、緩行線から急行線側に進行中の下り普通列車の側面に、急行線を併走中の下り急行が信号冒進して衝突。 姫新線列車バス衝突事故 [ ] 1960年(昭和35年) 8時20分ごろ - 間にある遮断機のない踏切で、姫路発広島行き813列車が、の河内発勝山行きの路線バス(製1950年式)の側面に衝突した。 大きな現場だと、進行役もローテーションで廻って来ました。 急な雷雨や突風に注意して下さい。 [お天気概況] きょうは、南西諸島は雨が降りやすいでしょう。 いつも残念に思う。