アナ雪 ステマ。 アナ雪2ステマ案件はやはり「安定の電通」やったか。

52
10月はステマ疑惑が話題になった 不当景品類及び不当表示防止法 引用: 医薬品医療機器等法と医療法に至っては 広告自体が禁止されていますが、医療法については、医療機関と提携していない 口コミサイトなどで、 ユーザーが実体験に基づいて記載した 口コミは「誘因性」の要件を満たさず、医療 広告に該当しないとされています
特に今回の一件で、 ディズニーは謝罪文こそ公開しましたが、「PR」は当初つける予定だった、それが抜け落ちたのはコミュニケーションが行き届かなかった結果としています 誰がどのように関わっており、どのようなコミュニケーションによってこのような事態となったのか、原因究明が不十分なことも炎上の原因になっています
特に個人的に注目しているのは、今回ウォルト・ディズニーの担当者が 「ステマという認識はない」と、ねとらぼの取材に対して回答している点です そんな死屍累々の転売市場を受けてSNSでは、「100日ワニバブル」が来ることを見越して限定グッズを買い込んだ「転売ヤー」のみなさんが「爆死」しているに違いないと高笑いする声であふれている
ここまで指示がされているのなら、7人全員が「試写会に行った」という事実を説明していないのは、書かないよう指示があったのではと疑われるのも、仕方ないところです 一体なぜステマはなくならないのでしょうか
仮に同じ回の試写会の後であったとしても、単なる感想ツイートならばともかく、内容も違い制作期間も異なるはずの漫画がほぼ同時に、まったく同一のハッシュタグの組み合わせで投稿されていたことから、これはいわゆる「仕込み」の広告ではないか、それにしては依頼による投稿であることを示す文言や「PR」の二文字すらないということは、広告であることを隠して優良誤認を狙ったステルスマーケティングではないかと疑惑を集めていました インターネットを利用した新しいステルスマーケティングの手法も、古典的なサクラの手法と同様に消費者を欺くという点では共通します
吉本興業のステマ疑惑の際にも、吉本興業側が 「ステルスマーケティングにはあたらない」とする見解をサイトに掲載したのと同様の対応と言えますが、実はこのメディア対応の姿勢自体が日本でステマがなかなか減らない原因の1つとも考えられるのです 確かにこうしたハッシュタグは広告主との関係を明らかにすることで、ステルスマーケティングを回避する効果があるとされています
英語の「Stealth」は「人目を忍んで」「こっそりと」という意味を持つ言葉です もしこの疑惑が当たっている場合、明確なステルスマーケティングということになります
今後、さらに多くの事情説明が関連各社に求められることになるだろうが、ここでは『アナと雪の女王2』のステルスマーケティング問題に限定せず、過去の事例も踏まえながら、ステマの連鎖が止まらない社会環境を俯瞰したい 何が問題だったのか!アナ雪2とステマについて解説 この一件で 問題だったのは、アナ雪2の広告宣伝と思われるその投稿がステマだったのではないかとのことです
94
日本で「ステマ」という言葉が一気に浸透したのが「ペニーオークション詐欺事件(通称ペニオク事件)」でしょう。 この事件を起こした会社が運営していたサービス、ワールドオークションは入札する時に手数料が発生する仕組みのペニーオークションという種類のオークションサイトでした。 従業員全員がステマが表に出ないよう、注意を払いながら業務をこなすことになりますが、それらの管理コストを考えると、果たしてステマをやることは費用対効果が良いと言えるのでしょうか。 この事件がきっかけで、ペニオクに関する投稿をしていた芸能人に対してバッシングが集中。 そうした古典的なステルスマーケティングの手法がインターネットの普及に伴ってさらに巧妙化し、口コミを装った宣伝も珍しくなくなっています。 参考: 6. 最初の5本に至っては、キリのいい19時ちょうどからの30秒間に投稿されていて、時間を合わせて投稿しているのでは、と考えるほうが自然です。