西友 元町 店。 過去に存在した西友の店舗

2015年10月9日• サンモール高砂は、日本では珍しいオープンモール形式の商業施設で 、開業時には西友の他に55店舗の専門店が入居し 、三菱倉庫グループのサンモールスイミングクラブや42戸の集合住宅「高砂ハイツ」も併設していた 1995年9月8日• 桂坂店(京都市大枝北沓掛町7-1-13 、1987年(昭和62年)6月開店 - 2004年(平成16年)2月15日閉店 ) 店舗面積227m 2
埴生店(、2003年(平成15年)2月期に開店 -2009年(平成21年)3月閉店 )• 西武流通グループの福島県本格進出は、1975年(昭和50年)9月の郡山店開店まで待つこととなる ・・ 『 4 東北』 、2008年4月20日
ジャンボスクエアカワゴエの核店舗として 前に出店していた 、駐車場102台 2019年5月13日閲覧
東区元町に代表される近代的な都市の空間は、なるほど効率的で快適な空間ではあるが、しかしそのことがかえって、新たな発展を拒んでいるところがある (平成16年)11月3日に開店した岩見沢店 の影響を受けて売上が減少し 、閉店となった
2000年9月28日• 2019年(平成31年)3月16日に、地上1階から7階部分が「」として開店した 店舗面積585m 2、延床面積727m 2
再開発により建設された34階建ての「」低層部の商業フロア「」1階に、2004年(平成16年)10月6日に(2代目)国領店(売場面積約1,400m 2)が開店 前にあった
テナントとして出店していたが、建物の老朽化と、武蔵小金井駅北口でふたたび再開発計画があるため閉店した 1階の食料品売り場と2階の衣料品売り場を展開していた
12

発達した市場社会では、どの企業も他社と切磋琢磨するために、集団内部での連帯感を必要とする。

店舗は地上2階建て。

2020年6月21日閲覧。

喜多真哉 2003年8月12日. 旧西武ストアー(西友の前身) 第1号店である。

2014年11月14日• 跡地には、 により「」が建設された。

『新風土記 一』 、1974年9月20日。

仙台駅東口店(2010年12月8日)• 街は多機能な都市空間、年代の混在する景観がなければ、経済的な停滞、そして道徳的な退廃を招くというのが、ブロンクスの誕生と衰退を通してアメリカでも実証されている経験なのである。

そんな矢先に飛び出した売却方針に西友従業員ばかりではなく多くの流通関係者に戸惑いが広がっている。

建物は解体され、跡地に志免店が出店する。

40

が所有する土地・建物への出店のため、閉店直前の2015年(平成27年)4月28日に後継テナントとしてと賃貸借契約を締結したことが発表された。

2001年1月24日• 東日本大震災のため休業して2012年(平成24年)7月から解体され 、11月9日に新店舗建設を発表し 、営業を再開。

なお、サンモールスイミングクラブは設備の老朽化を理由に 、2015年(平成27年)3月17日に閉鎖された。

の舞台地の一つとなった。

閉店) 店舗面積1,244m 2。

『平成3年版 公正取引委員会年次報告 独占禁止白書』 、1991年12月。

76