アナ 雪 2 感想。 ディズニー、アナ雪2“ステマ疑惑”で謝罪 「感想を自由に表現してもらう企画だった」

ですね 今年2月にソフィア最終話評として「」を書きましたが、このアナはソフィア最終話に近い構造
エルサへの救済をメインに各キャラが各々抱える気をはらす、とても良い続編であったと思う 若かった 父アグナルは、ノースルドラ族の少女イドゥナに助けられて、外に出ることができました
と妻に言ったら、 「あのくらいでちょうど良い」 と言われました アナがなぜこの結論に行きついたのかわかりませんでした
そこで氷に閉じ込められた記憶を見たエルサは、彼女の祖父である当時のアレンデール国王がノーサルドラの長を裏切ったことを知ります 船を沈めたのも精霊のしわざ? 両親の船旅の目的は、エルサの魔法の起源を知るために、アートハランの「水の記憶」を目指したのです
オラフが消えたことで、エルサが真実を知る代わりに命を懸けたことも察したアナ ファンタジー映画として見れば普通にありそうな筋書ですが、ディズニープリンセスの映画と考えると「そうきたか・・・」という感じです
映画「アナと雪の女王2」も駄作であり、蛇足にしかなっていないと感じる人が多くいました もっと会話や物証などから証拠集めしてほしかったです
前作を見た時から薄々感じてはいたけど、やはり私は『アナ雪』と相性が良くないんだろうな 暗めの歌が多くて、もう少し明るい歌がほしかった
まず、「アナ雪2」を鑑賞した感想をネタバレなしで紹介します クリストフはプロポーズの空回りキャラですが、ラストでは役立ち、アナへの婚約後なんと王に出世します
おとうさんは、エルサとアナに魔法の森の話をします 「アナ雪2」は、前作の愛すべきキャラクターたちにまた会える、という点でファンとしては胸熱な作品
では何故そうだったのか ・イドゥナ 声・吉田羊) エルサと、アナのお母さん
38
深い絆で結ばれたアナとエルサの姉妹は、王国を治めながら、失われた少女時代を取り戻すかのように、気の置けない仲間たちと平穏で幸せな日々を送っていた。 物語は3年後の世界から始まります。 さらに防水の棚から「ダークシーを越えてアートハランへ向かう地図」も見つけ、エルサは1人で向かいます。 アナとエルサの姉妹は不思議な歌声に導かれ、未知の世界へと足を踏み入れていきます。 みんなの感想としても「へぇ~」っていうよりは「でしょうね」って感じる人の方が多いような気がします。
41