五 代目 山健 組。 神戸山口組“警戒強化”と五代目山健組“全体集会”全容 (2021年1月31日)

その筆頭格にあったのが、中田組長から絶大な信頼を受け、五代目山健組で若頭を務める、六代目健竜会の西川会長だった」(事情通) しかし、その西川会長が新型コロナウイルスに感染したことから体調を崩し、持病が悪化 分裂して神戸山口組(井上邦雄組長)を出ることになったのは反井上派で、山健組直系50人弱のうち24人
疋田春男(疋田組 組長)• その点 初代の村田正一会長は、山健組の若頭をしていた程の人物で 立派な男だった 相談役 - 宮崎 洋明• これを受けて山健組は他の離脱派の団体とともに新団体を組織し、四代目山健組組長井上邦雄が、神戸山口組組長に就任した
炊き出しを自ら手伝う渡辺親分 2004年(平成16年)11月、山下組組員警官誤射殺事件で藤和会系山下組組員が京都で起こした不法行為に対する使用者責任を認定した最高裁判決を受けると、長期静養を宣言して組の運営を執行部に委譲 歴代組長 [ ]• 三代目 [ ]• 下からカネを吸い上げるばかりで、下の声を聞かない
それ以上言わんといて下さい」と微笑んだ 俺は この内どちらかひとりに村正会の跡目を継いで貰いたかった
二代目 舎弟頭補佐・(会長) - 後に六代目山口組若中• だが実際は、神戸山口組を離脱した五代目山健組勢力が数の上でも上回ることになった 西住孔希(邦竜會会長)• 山健組の威光を笠に着て、極道として何の将来的なビジョンも描かず、金儲けに奔走して来たからだ
二代目(1982年 - 1989年):(初代会長)• そのうち口論だけでは済まなくなり破門状が回された 幹部 -三井 芳造• 山本健一の妻・秀子に言わせると事実上の壊滅状態だったという
三代目山口組(組長・)の若衆・がに結成 河合哲男(天網会会長)• 神戸拘置所の中から、五代目山健組として、一本(独立組織)でやっていく意思を山健組の保守本流である六代目健竜会・西川良男会長に、弁護士を通じて伝えたといわれていた
山健組内の両勢力間で争点となったのは、トップである中田組長の真意をどう解釈するかというものだ 同会理事長補佐の井上邦雄は この事件の首謀者として17年服役したが、出所後に健竜会の四代目を継ぎ、 その後山健組の四代目組長に就任した
二代目:桑田兼吉(五代目山口組若頭補佐/二代目山健組若頭/山健組若中健竜会副会長)2007年4月5日死去• 初代(1961年 - 1982年):(三代目若頭)• 私がCIA関係者、イルミナティ関係者に取材したところ、CIA、イルミナティは山口組の分裂を後押しして、山口組を分裂状態にさせたままにしたいそうです 1961年、は、に参画した
抗争にしても健一は、いざという時に 率先して行く者がいればいいという考えである 山健組二代目を継承 山口組3代目・田岡一雄の跡を継いで四代目を継承すると見られていた山本健一(山口組若頭)が1982年(昭和57年)2月4日に急死すると、山健組二代目を継承、 同年6月には三代目山口組の直参に昇格した
4

若頭補佐 - 磯村 雅之• 1964年(昭和39年)、函館少年刑務所に服役した。 1965年(昭和40年)、山口組に対する第1次頂上作戦が本格化した。 同年、山健組舎弟頭・田中達男より、山健組を破門された。 同年、山本健一より破門が解かれた。 抗争を巡る服役後の1969年(昭和44年)、山健組若頭に就任。

山一抗争 [ ]•。

さらに、神戸山口組に残留したい組織は退席してもいいとする申し出もあったようだ。

1957年(昭和32年)、東京浅草の日本蕎麦屋に住み込みで働いた。 1958年(昭和33年)、飯島連合会系のテキヤを手伝うようになった。 浅草を中心に活動していたが、三代目山口組 山健組の幹部と出会ったことから神戸に移住、 このころ、三代目山口組山健組・山本健一組長の若衆・三輪正太郎と知り合った。三輪は、東京で芸能人相手の野球賭博を営んでいた。三輪から山健組に来るように誘われた。 三代目山口組内初代山健組入りへ 1961年(昭和36年)、山健組組長・山本健一から盃を受け、山健組に加入した。

1985年(昭和60年)1月に竹中と共に若頭・中山勝正(豪友会会長)が一和会に暗殺される(山一抗争)と、翌2月、暫定執行部体制で若頭に就任。

つまり西川会長がいなければ山健組が神戸から離脱することはなかったということなのです。

渡辺は翌1月、竹中とともに山口組若頭・が暗殺されると、2月に編成された暫定執行部体制の下で後任の若頭に就任し、直参昇格から3年足らずの間に山口組ナンバー2の座まで上ることとなった。