テニス。 テニスうまくなりたい!-テニス上達への道

タッチ touch ネットにラケットや体で触れた時、またボールがラケットや体にかすったことで失点となったと判断された場合や、ボールが天井などの構築物に触れたと判断された時などにコールされ、失点となる。

ゲームカウントが6-6となった場合は、回数はリセットされ、続く12ゲームの間は3回までとなる。 このコールによってボールがネットに接触したことを確認し、その後、そのボールがサービスエリアに収まった場合はレット、収まらなかった場合はフォールトをあらためてコールする。 このあと、明治期の日本で調達が困難であったローンテニス用具を、安価なゴムボール等の代用品で賄った。 カウンターパンチャー Counter Puncher 自分からは強打せずに相手のショットを拾って粘り、ミスを誘ったり、相手の強打を利用してカウンターを狙うスタイルのプレーヤー。 審判は「Deuce. 振動止め ゴム状の素材でできており、ラケット全体の振動を軽減させる目的でストリングスの一部に装着して利用する。 そして、ネットのコードをネットポストのウインチ部分に引っ掛け、ハンドルを回して巻き取りながらネットを張るようになっている。 ガット gut ラケットに張る弦。 試合開始前のトスによって決定された一方のプレイヤーが サーバー、他方が レシーバーとなり、1ゲームごとに交替する。 日本語においては、ソフトテニスと区別して、テニスを硬式テニスと呼ぶこともある。
48
フラット、アンダースピン、トップスピンの3つがある。 多くの場合、正式な訓練を受けた子供たちが行う。 bagel 試合で自分もしくは相手にセットの中で1ゲームも取れないまた取られないことを言う(6-0、6-3 など)。 ホットドッグ hot dog プレイヤーがロブをネットから離れる方向へ追っていき、ネットに背中を向けた状態でボールを両足の間で打つプレー。 サーブ serve ボールを空中に離し(「トス」と呼ぶ)、そのボールをラケットで打つこと。 今日ではテニス、バドミントン、パデルの世界中のチャンピオンたちに愛されるブランドです。 ロブ lob 相手の頭上を抜いたり、時間を作るなどの目的でボールを高く打ち上げること。 「ツイストサーブ」や「キックサーブ」と呼ばれるサーブがあるが、もともとスピンサーブがこのような別名を持っている。
13