ミステリ という なかれ 6 巻。 ミステリと言う勿れ(漫画)最終回のネタバレと感想!結末が気になる!|漫画ウォッチ|おすすめ漫画のネタバレや発売日情報まとめ

49

しかしその漂々と語る言葉が、 周囲の人々の何気ない日常の不満や不安を解消していくところが面白いのです。

温室の管理人から正月の予定を聞かれた流れで、整はライカを初詣に誘いました。

その主人公は、たった一人の青年! しかも謎めいた、天然パーマの久能 整(くのう ととのう)なのです! 待ち合わせの時間が迫ると、久能は次第に緊張し、これはデートなのかと自問自答します。

冷静になって状況を客観視するとデートではないかということに思い至り舞い上がる整。

整はライカからのプレゼントを見て微笑んでいると、陸が話しかけてきました。

ライカは病院へ戻り、整はどこかに電話をかけています。

何の関係があるんだろうと久能が考え込んでいると、いつの間にか消灯時間になっています。

47
警察は A を調べると、三件の被害者と全員関わりがある人物です。 22年前の犯人は羽喰という男で未だ捕まっていませんが、備前島は今回の犯人は別人だと睨んでいました。 その経緯と理由がわかりましたね。 温室の管理者の梅津が、二人はお正月どうするの?と聞いてくるので、二人は「何もないです」と答えます。 二人は悟郎の話をしていましたが、整が女性店員から受け取ったメニューを見ると酢モツは書いてありません。 そして刑事たちの悩みに添った自分の考えを伝えていきます。
87