お シッコ 濃い。 茶色いおしっこは病気?尿の色から予想される疾患について教えます|泌尿器科|五本木クリニック

食欲の有無と同じくらい、犬の健康状態が反映されやすいのでぜひ日頃から色や状態、回数などを観察することを習慣づけてくださいね。
このような働きのほかに、尿を作って体液の成分や量を調節する働きや、ホルモンやビタミンを作ったり活性化することなどがあります。 血液検査、詳しい尿検査、超音波検査などの追加検査が必要になります。 放置すると尿が腎盂や腎杯に貯留して、水腎症と言われる状態になります。 健康的なおしっこの色はにごりのないうっすらと淡い黄色です。 尿の色について 泌尿器科外来に訪れる患者さまには、尿の色の異常を訴えられる方もいらっしゃいます。 尿検査から得られる情報(尿糖、尿潜血、尿たんぱく、炎症反応など)は多く、手軽な検査ですので、年に一度は気軽に身近な医療機関などで検査を受けられることをお勧めします。 病院にかかったほうがよい尿の色の異常 ・赤色~ピンク:尿に血液が混じたいわゆる血尿といわれる状態です。 黄色の色合いの濃さは、尿の濃度あるいは希釈度を反映します。 ・ピンクまたは赤の尿 ピンク、赤、赤茶、赤っぽいオレンジの尿の最も一般的な原因は尿路感染や、膀胱・尿道の結石です。
16 27
いずれにしても、心配な場合は尿を調べればすぐわかりますので、検査をお受けください。 一方、慢性の前立腺炎は緩慢で潜行性に症状の見られる無熱性の炎症で、急性前立腺炎が治癒せず慢性に移行する場合と、はじめから慢性の経過をとる場合があります。 やはり出血ということで、生命の危機に直結する病気から緊急性のない病気まで、考えられる病気の可能性も多岐に渡りますから、色だけで簡単に判断出来るとはなかなか言えませんね。 食事の制限は病気の種類や急性期、回復期などによっても異なるので、医師や栄養士の指示どおりにします。 また、おしっこが緑色に見える場合には緑膿菌という細菌感染を起こしている可能性があります。 黄疸、肝臓病、胆管・胆嚢・膵臓の問題、赤血球の損傷、または極端な脱水症状を示している可能性があります。 男性だと圧倒的に前立腺(せん)炎で見られます。 腎臓は、体の中で作られた老廃物を尿にして、排泄したり、血液を浄化する大切な働きをします。 この場合にも水分摂取量を増やすと、泡立ちの程度が軽くなります。
50