ひめゆり 学徒 隊。 沖縄の学徒隊

伊江島では、四月下旬の制圧後、全島民を渡嘉敷 (とかしき)島に移動させ、全島要塞化をはかりました 資料館は年に一回感想文集を編集しています
「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載. このうち看護訓練を受けた師範とが中心となって、に結成されたのが「ひめゆり学徒隊」であった だから、米兵に名前を聞かれたら、『死ぬことなんか怖くない、私を殺せ!』と抵抗したんです
沖縄も、がれきの中から立ち直りました 断崖に追いやられ海の底に消えた子、砲弾に倒れ苦しみつつ息絶えた子……わずか数日で100人あまりが亡くなりました」 島袋さんは先輩3人と砲弾の中をさまよった
一連の攻撃で8名がした ひめゆり隊の女学生たち ひめゆり学徒隊は、昭和20(1945)年3月23日に沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校から動員されました
あるとき近所のおじさんから叱られた 泣いてばかりいる人に寄ってくるのは蜂くらいだぞ』と
いま沖縄には年間三〇〇万人におよぶ観光客が訪れます 壕(ごう)内は悪臭と断末魔が絶えなかった
重傷患者たちに青酸カリ入りのミルクが与えられ、死にきれないものを衛生兵が銃剣で突き殺したのです 7月9日付の『毎日新聞』朝刊(東京本社発行版)は、福島県南相馬市の緊急時避難準備区域に住む93歳の女性が「私はお墓にひなんしますごめんなさい」という遺書を残して、自宅で自ら命を絶った悲劇を報じた
本書は、道友社編集部が百子さんへ二十数時間に及ぶロングインタビューを試み、整理した貴重な記録である このようなことがなぜ起こったのかを解明し、その過ちを二度とくりかえさないことが必要です
本来、けがや病気を治すべき病院において、軍の機密がもれることを恐れた日本軍は、戦いの役に立たなくなった兵隊たちを殺害しました 著者の家族も同時期に熊本へ疎開していたというから、妻と同じ船に乗っていたかもしれない
だから、戦争はどんなことがあっても絶対ダメなんです》 戦争体験を語っているのは、資料館の前館長で学徒隊の生き残りの一人、島袋淑子さん(91) 太平洋戦争の始まる前のノモンハン事件(日本とソ連のモンゴル国境の紛争)でソ連の捕虜になった日本兵の中には日本に帰らない(捕虜になって帰ると差別など辛いことが待っているため)という人がいたほどなのです
それは本当にありがたいことです 一五歳から一九歳までの少女たちが従軍しなければならない義務はありませんでした
天涯孤独なんだと毎日泣いてばかりいた そして一一九人の人たちが戦死しています
多くの犠牲者を出したのは、1945年6月19日の朝 南風原撤退までの犠牲者はたったこれだけだったのです
72