題名 の ない 音楽 会。 これまでの放送|題名のない音楽会|テレビ朝日

本編前後のCMは全てカットされ、代わりに出光興産の社名でエンドカードの後、灰色バックに「 黛敏郎氏のご生前のご功績をしのび心からご冥福をお祈り申し上げます 出光興産株式会社」というテロップを表示した。
」と掛け声をかけてから番組が開始されている。 :『、ご成婚を祝ふ』ほか• ORICON NEWS 2017年7月3日発行、同日閲覧。 - 黛敏郎の晩年に出演した時には、黛敏郎作曲、台本のバレエ『』の歌唱を披露した。 この他に、1989年1月8日は昭和天皇崩御のため、2014年8月3日はスポーツ中継および年末年始以外の特番として、『特別編 みんな集まれ! 今週は、一流演奏家が独自の解釈で、オリジナルタイトルをつけて演奏する人気企画!「辻󠄀井伸行と三浦文彰がモーツァルトを弾く音楽会」! 今回は、人気のふたり、辻󠄀井伸行と三浦文彰が、天才作曲家モーツァルトの名曲に、独自のタイトルをつけて演奏する。 アシスタントディレクター:風間崇志、長島勇太、松森歩夢、清田楓樹、太智花美咲、高橋竜也、深川伶菜、岡本渉、田島利之介、岡本侑大、曽我益千子、髙橋汐里、出海清一、佐藤周太朗、金子泰、滝川雄二、増田信彦、溝呂木魁斗• 特に制作・放送局が移行する直前の1966年3月放送分については石丸が、また通常の外部会場からの演奏会方式ではなく、民族音楽のルーツを探るロケーション映像をスタジオで検証する形式が採られた1972年10月28日 - 11月18日放送分(この間に本番組史上に残る『これがケチャだ』が放送されている)については小泉が、それぞれ代理司会を務めた。 2018年4月7日より。
97
また放送時間移動後初回のみ、臨時に月曜 0:40 - 1:10 (日曜深夜)に遅れネット 放送開始当初から3月までは、テレビ事業本部(東京12チャンネル、現在の)が制作
この「ページを1枚めくる」というコンセプトは譜面をめくる動作に準え、番組を見た視聴者が音楽への好奇心を深めていくことを意味している 同年の放送分にて発表
(内)• オープニング 1999年から2004年まで 2004年から2010年まで 2010年から現在 提供画面表示はかつてはタイトル入りの静止画像に組み込まれ、後にVTR編集時に挿入されていたが、現在はテレビ朝日・BS朝日の個別による送出マスターのテロップ出しとなっている(書体自体はどちらも同じだが、ホワイトバック画面での表示のため「提供」が白文字となっている) 1977年と1979年
- 玉三郎の好きな曲「アランフェス協奏曲」にあわせて詩を朗読後、舞踊を踊った これを受け、同月放送分までは生前に収録されたストック分を放送し、さらに5月以降はによる代理司会の時期を経て、同年からタイトルを『 新・題名のない音楽会』に改め、が正式な司会として起用された
リニューアルに伴いタイトルロゴも再変更され 、アシスタントもに交代した 黛敏郎著『題名のない音楽会』によれば放送困難になった際、出光興産が「せっかく始まった番組を終わらせるのは嫌だ」と言ったから、と書いてある
作曲: スタッフ(2020年4月3日以降) [ ]• 12月27日:『エアライン対抗紅白歌合戦』• 6月10日分は過去の総集編、17日分はゆかりのゲストと共に『-21』時代の歴代アシスタントが総出演して追悼コンサートが行われた ラストは「」であった
52