さつまいも プランター。 プランターでさつまいもの栽培方法まとめ

おおまかな目安として発芽、発根に必要な温度は15度以上で生育適温は22~30度。

植え付けの2週間前までに土作り(酸度調整)を済ませておき、植え付けの1週間前に元肥を施しておくようにしましょう。

2. プランターに苗を植え付ける。

黒マルチシートを張って育てるときは、苗が焼けるのを防ぐために、葉がかかる範囲のマルチを広げておくか、株元周辺に土を置いて温度の上昇を抑えておきます。

苗の植え方 サツマイモの挿し穂(苗)の植え方の方法は、「水平植え」「斜め植え」「船底植え」などがあります。

サツマイモの追熟と保存方法 サツマイモを収穫した後は、芋を一つずつ切り離して2~3日ほど天日でイモの表面を乾燥してから日の当たらない場所で保存しましょう。

82
茎の太い部分はそのまま食べると皮が硬いので表皮をむいてきんぴらのように炒め物にしたりします 水平植えと斜め植えは、植えるスペースが限られている場合に適した植え方です
垂直挿しの場合は2本植えてもよいでしょう 掘っても掘っても出てくるのは小さなイモばかり
1です 少し土を手でそっと掘ってみて芋が十分な大きさになっていたら掘り上げます
サツマイモ栽培には根野菜用の用土がおすすめです 週末家庭菜園だと雨が降る前に植え付けるなんて難しいよ! のの子さん たしかにさつまいもの植え付けタイミングは週末家庭菜園家にはむずかしいです
もし、さつまいもの苗を植え付け後、タイミングよく雨がふらなくてもマルチの中で水分があればなんとか持ちこたえることができます 芽が出たさつまいもを土に植えるだけ! このまま鑑賞用としても十分美しい
さつまいも栽培の特徴・コツ 窒素肥料は一般野菜に比べて少ない方が収穫量、甘みともに増します 発根量が多くなるので大きめのさつまいもの収穫ができます
収穫時期のヒント サツマイモは栽培期間が長くなると芋が大きくなりすぎて味が落ちてしまいます 実際には、試掘りをして、大きさを確かめてみましょう ツルの茎が紫色になってきたら、収穫時期です
サツマイモが大きくなるのは光合成が必要なので、つるが伸びたらなるべく切らずにプランターの上に積みあげるとよいです なので、 水はけのよい環境づくりと日当たりはさつまいもが沢山出来るためには必須条件ということですね! 2-3 つる返しを行っていない つる返しとは伸びたつるが広がって根を張ろうとしているのをはがしてあげる作業のことです
サツマイモと言えば広い畑しか育てるのは無理と思われがちですが、つるを支柱に絡ませたりベランダの手摺をうまく利用したりすれば、マンションのベランダなどの限られたスペースでの栽培も可能です プランターの表面に3~5センチの溝を作ります
1.成長した苗を切り取る 挿し穂の作り方 サツマイモの挿し穂は、種イモから育てる方法とポット苗から育てる方法があります
79