クジラ の おなか から プラスチック。 私たちも「プラスチックゴミ」を食べている 『クジラのおなかからプラスチック』

そして、自分にできることを やっていかれたらいいですね。

ただ海を浮遊しているだけではない。

(参考記事: ) 世界の海には、毎年800万トンを超えるプラスチックごみが流れ出ている。
(参考記事: ). この悲劇はニュースで大々的に報じられた。 アフリカゾウ14億頭分 あの巨大なクジラが、何とも簡単に、私たちが普段から使っているレジ袋などを飲み込んで死んでしまう。 クラゲなどの餌ではないかと思って飲み込んだりする。 九州・沖縄• すでに腐敗が進んでいた。 特に最近問題になっているのがマイクロプラスチックだ。 おもに科学報道にたずさわる。 木製ストローが開発された 使い終わってごみになったプラスチックは、埋めたり、燃やしたり、リサイクルしたりする必要があるが、実態として生産量の1. 通報を受けた現地当局や世界自然保護基金(WWF)が調べると、胃の中から計5・9キログラムのプラごみが見つかった。 その実態は? 人体への影響は? 世界は、日本はどう動いているのか? 海洋プラスチックごみ問題の最前線を取材しました。 プラスチック製品を使わないことを,「生活の質を下げる」という一点で受け止めると,実行は難しくなるだろう。 [画像のクリックで拡大表示] 海の食物連鎖の頂点に君臨するクジラ。