đŸ¤—åŒ‚ã„ įŽ‰ ãĒい。 č‡­ã„įŽ‰īŧˆč†ŋ栓īŧ‰ãŒå‡ēæĨやすいäēēとå‡ēæĨãĢくいäēēぎį‰šåž´ã‚’åžšåē•čĒŋæŸģīŧ

とくãĢéĸ¨é‚ĒãŽã˛ãå§‹ã‚ãŽã€å–‰ãŒãĄã‚‡ãŖとį—›ã„かãĒīŧŸã¨ã„う時や、朝čĩˇããŸã‚‰éģ„č‰˛ã„ã‚ŋãƒŗがå‡ēãĻきた時ãĢã¯č‡­ã„įŽ‰ãŒã§ããĻいる可čƒŊ性がéĢ˜ã„ぎで、喉ぎåĨĨやヒダぎčŖå´ãĒおよくチェックしãĻãŋãĻください。

č†ŋ栓ぎ栚æœŦįš„ãĒ攚善į­–はīŧŸ č†ŋ栓は、単ãĢ取り除くだけでは攚善できãĒいもぎで、喉へぎį´°čŒãŽäžĩå…Ĩを減らし、常ãĢåŖå†…ãŽčĄ›į”Ÿį’°åĸƒã‚’äŋã¤ã“とが、č†ŋ栓へぎäēˆé˜˛ã‚„æ šæœŦįš„ãĒ攚善į­–とãĒりぞす。

åŧ•į”¨īŧšįžŽæ¯įžŽäēēはã‚ĸãƒĢã‚ĢãƒĒイã‚Ēãƒŗ水ぎ歯įŖ¨ãį˛‰īŧåŠšæžœã‚„äŊŋい斚ãĢついãĻ é–ĸé€Ŗ記äē‹ うがいでäēˆé˜˛ ã‚ĸãƒĢã‚ĢãƒĒイã‚Ēãƒŗ水で毎æ—Ĩã†ãŒã„ã‚’čĄŒãĒうことで、č†ŋ栓īŧˆč‡­ã„įŽ‰īŧ‰ãŒå–れやすくãĒりぞす。

そしãĻ、æ—Ĩ中も小ぞめãĢã‚Ŧナã‚Ŧナうがいをするぎがã‚ŗツです。

ã‚ĸãƒĢã‚ĢãƒĒイã‚Ēãƒŗ水をäŊŋうと、č†ŋ栓が取れるだけでãĒくできãĒくãĒる。

これは、äŊŋãŖãĻã„ã‚‹é“å…ˇãŒčˆŒãĒãŽã§ã€æŸ”ã‚‰ã‹ãå–‰ã‚’å‚ˇã¤ã‘ãŸã‚Šæ„ŸæŸ“ã™ã‚‹åŋƒé…ãŒã‚りぞせん。

66 9